肝斑の治療は気軽に行なえる|ホルモンバランスを調整しよう

ヤグレーザーで除去

カウンセリング

それぞれのシミの違い

肝斑とは、30代や40代の女性の顔にできやすい、茶色のシミです。一般的にシミは、紫外線の影響でできることが多いのですが、肝斑は黄体ホルモンの分泌量が変化することで、できやすくなります。そのため肝斑には、紫外線によってできるシミと異なり、生理周期にあわせて濃さが変化するという特徴があります。また、紫外線は外的な要因ですが、黄体ホルモンの分泌量の変化は内的な要因です。そのため紫外線によるシミは肌の表面にできますが、肝斑は肌の内部にできるのです。したがって肝斑の治療は、肌の内部に干渉するものでなければなりません。そのために使われているのが、ヤグレーザーです。ヤグレーザーを使用すると、肌の奥深い部分にも熱を届けることできます。その熱により、肝斑の色素は破壊され、肌は白さを取り戻すのです。

肌にとってのメリット

ヤグレーザーは、肌表面を貫通して肝斑に届くのですが、肝斑だけでなく、そこまでの間にあるシミにも影響を与えます。つまりヤグレーザーでの治療により、肝斑だけでなく、肌表面にある紫外線によるシミも一緒に消していくことができるのです。さらにヤグレーザーの熱は、シミにとっては色素を破壊するほどの脅威となりますが、その周辺の肌細胞にとっては、むしろ恵みとなります。具体的には、その熱によって肌細胞が活発に新陳代謝をおこなうようになるのです。そしてそれにより、肌のハリやつややかさは増していきます。つまりヤグレーザーでの治療には、美肌効果もあるということです。肌にとってのメリットが多いので、ヤグレーザーでの治療を受ける人は増加すると考えられています。