肝斑の治療は気軽に行なえる|ホルモンバランスを調整しよう

30代後半に多いシミ

整形治療

肝斑とは30代以降の中年女性の左右の頬骨付近に多く現れているシミであり妊娠期やピルの服用、月経前に濃く現れ、50代以降の閉経している高齢になると消えていくことから、女性ホルモンの関連が原因と言われています。日焼けによる紫外線ダメージによるシミと違って身体のホルモン変化によって現れるので治療が難しいシミであります。紫外線によるダメージのシミを治療するためのレーザーを当てることにより、逆に肝斑がひどくなったということも数多くあり、紫外線によるシミと混合しているケースは特に治療が難しいと言われています。せっかく薄くなってきてもホルモンのバランスの変化により再び濃く浮き上がってくるということもよくあります。

ホルモンバランスの変化により現れるシミであるので、外部からの治療を行うと余計悪化するということもあり難しいですが、一般的には美白化粧品、トラネキサム酸の服用、ビタミンCの服用、レーザートーニング、ビタミンイオン導入になります。肌への刺激は悪化へつながっていくものになりますので、極力肝斑部分はこすったりしないように気をつける必要があります。トラネキサム酸は副作用の少ない薬ですが、止血作用があるため血栓ができやすいといったリスクもありますので、服用の際には気をつける必要があります。いずれにしても肝斑はすぐに無くなるものではなく、ホルモンバランスによって濃くなることもありますので根気の必要な治療をなります。

レーザートーニングで治る

鏡を見る中年女性

肝斑は女性ホルモンの分泌量が変化する年頃の女性によく見られるシミです。ただし紫外線やストレスもよくないのでできるだけそうした刺激を避けることも大切です。美容クリニックでは肝斑に適したやり方でのレーザー治療を受けることができます。

More…

ヤグレーザーで除去

カウンセリング

肝斑は、黄体ホルモンの分泌量が変化することでできやすくなるシミです。体の内部に原因があるので、肌の内部にできます。そのため治療には、ヤグレーザーという、肌の内部を熱するレーザーが使われています。紫外線によるシミの除去にも有効ですし、肌細胞の新陳代謝を活発にする効果もあるため、需要が高まっています。

More…

レーザーでシミ消し

肌の手入れ

メラニンが原因で出来たシミ、そばかす、肝斑などには、レーザーやIPL・光系の治療がお勧めです。レーザーを照射すれば、狙ったメラニンを確実に消せます。レーザートーニングなら今まで出来なかった肝斑の治療もできます。

More…